<< 巣立ち | top | 世界一周 >>

謙虚であれ

桜が見ごろだった4月2日の夜、オカニートが働いている化学業界の友人が主催する懇親会に参加した。明るいうちに会場の茅場町に着いたので、30分ほど隅田川の土手を散歩した。寒の戻りで風が冷たい。




【夕空に月】



懇親会は老若男女が40人ほどで、みなさんいろんな業界で活躍されている人なので、お話しは面白い。ほとんどの人が初対面だったので名前を覚えるのが大変だった。オカニートの隣は入社2年目の超若い女性科学者、その向こう側にオカニートよりもずっと年上でニコニコ顔のおじさん(?)が座っていた。どこかで見たことがあるなと思いながら、名前が思い出せなかった。
名刺交換に来る人若い人たちと、にこにこ顔で言葉を交わしていらっしゃる。とても謙虚な人だなあと感心した。

あとで隣の席に移動してご挨拶をして「あーなんだ!」と分かった。




【明るいひとの周りに人が集まる】

図書館の館長もされていることを知り、オカニートが翻訳出版した絵本「道はみんなのもの」の話もさせて頂いた。

翌日、オカニートの絵本をお送りしたら、折り返しに礼状とご自分の著書が送られて来た。その本の冒頭、お母さんの躾についてこんなことが書いてあった

「おふくろはすごく物知りでありながら、それを人様の前で鼻にかけるようなことは全くありませんでした。人間はいくつになっても、謙虚でなければいけません。そのたびごとに聞かされたのが、「自慢、高慢、バカがする」という言葉でした。」


なるほど!

オカニートの母親からしょっちゅう聞かされた「実るほどこうべをたれる稲穂ほかな」を思い出した。
okanito | - | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
ブログパーツUL5
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH