<< 蹴球祭 | top | 忘年会特集 >>

今年三度目のベネズエラ

11月22日土曜日から、今年最後の海外出張でベネズエラに向かった。治安が悪いベネズエラに夜到着すると危険なので、米国経由フライトは使えず、フランクフルト経由の長旅となる。

標高900メートルの盆地にある首都カラカスは、気候もいいし風光明媚。だけど、貧富の差が大きく治安が悪い。特に10年ほど前から年々治安が悪化し、人口10万人当たりの殺人件数は世界のワースト5に入る。


【山すその高級住宅街】





石油産出国でありながら、バラマキ政策の結果、ベネズエラ経済は危機的な状態にあり、今年の物価上昇は60%を超える勢い。だけど、そんな物価高も金持ちの人達には関係なし。昼間から高級レストランがにぎわう。



そして、カラカスには「ランチョ」と言われる貧しい人達の街があちこちにある。


【大雨が降るとがけ崩れの危険性がある。】

スーパーマーケットはクリスマス前だったこともあって、ほとんどの品物が潤沢にあった。この時期に物不足になると民衆の怒りが爆発しかねないので、品物を切らさないよう政府が力をいれているらしい。





唯一配給制になっていたのは、砂糖。建物の外に長蛇の列が出来ていた。




【カナダから輸入されたクリスマスツリー用の樅の木】

とにかく、社会のいろんな面で信じられないようなアンバランスが目に付く。その結果として治安が悪くなる。

ホテルやレストランの入口にある標識。「禁煙」と「武器持込禁止」が並ぶ。



高級レストランの入口には金属探知機も設置されている。



物価上昇の激しい今日、現地通貨を奪っても大した収入にはならない。強盗さんの目当てはドルを持っている外国人か、車。だから、外から車内が見えないようにスモークフィルムを貼る車が多い。



なにはともあれ、事故にあうこともなく帰国出来てホッと一息。原油価格の下落でベネズエラの国家財政はますます悪くなっている。来年は何が起こるか予断を許さない。
okanito | - | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
ブログパーツUL5
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH