<< サッカーの母国 | top | 10月の思い出 >>

グローバル化

この人生記録は、仕事の中身については触れないことにしているけど、「オカニートは何しにパリやロンドンに行ってるの?仕事はしているの?」と疑問に思う方もいらっしゃるので、仕事についてもちょっとだけ記録しておこう。

国際会議でのオカニートの役割は、「レスポンシブル・ケア活動」という言う化学物質の安全や化学品製造工場での災害防止に関する活動を推進するプロジェクトの副議長(サブリーダー)。・・・で、具体的に何をするの?と問われると、どう説明すればよいか難しい。

パリでの国際化学工業協会協議会の理事会では、末席で会議の推移に注目。議事に参加する理事の方々は、世界の大手化学企業のトップの方々でオカニートにとっては雲上人たち。時差の影響もあるので、居眠りしないようにだけ注意。





そして、夜のレセプションとディナーは、夕方6時半から11時半まで延々と続く。



英語での会話、そして、話題・・・昼間の会議よりも大変。




翌週のロンドンでの会議はオカニートが担当している「安全」をテーマにしたミーティング。二年半前からの旧知の仲間たちが多くて、ちょっとリラックスできた。



グローバル化の中で、化学工業という一つの分野をとってみても、いろんな世界共通のルール作りが進んでいる。その結果が我々の日常生活にも影響してくる。形を重視する欧米企業の活発な動きに対して日本がどう関わって行くか?どういう形で貢献して行くか?こうした国際協議が、いろんな分野で行われている。

当然のことながら、世界中の国々が協力協調して生きてゆくためには、大きなエネルギーが必要となる。仕事を通じて、そんな
大きな動きや流れを体感させて頂いている。
okanito | - | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
ブログパーツUL5
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH