<< 外に出る楽しさ | top | サッカーウィーク >>

イチローくんのこと

今日7月26日は、オカニートの若きサッカー仲間で、53歳でこの世を去ったイチローくんの三回忌。

イチローくんに出会ったのは11年前の夏、鹿島で開催された日本サッカー協会主催の少年サッカー指導者講習会だった。研修センターの同室で一週間の合宿研修を共にした。東北人らしく口数は多くないけど、まじめで優しい青年で、とても仲良くなった。



イチローくんとは、その後も交流が続いた。山形県選抜チームの指導もしていたイチローくんから、少年指導に関する資料を送ってもらったことも何度かある。そして、オカニートが出張で米沢を訪問した時は、急な連絡にもかかわらず、駅まで会いに来てくれた。



そんなイチローくんが、家業とサッカー指導の両立に悩んでいたことを知ったのは、今年の春に喜多方で奥様とお会いした時のことだった。そして、入院中は、オカニートのブログを見るのを楽しみにしていたことも後になって知った。



オカニートは、出張のない土日は少年指導に打ち込むことが出来るし、家族みんなが応援してくれる。そんなオカニートは、イチローくんの悩みを思いやることが出来なかった。

恵まれた環境にあるオカニートとしては、やりたいことをやれないままこの世を去ったイチローくんの分まで生きなくてはと思う。楽しみに見ててねイチローくん。

okanito | - | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
ブログパーツUL5
RECOMMEND
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
LATEST ENTRY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH